ホーム基本理念等病院案内外来・入院診療科教室・イベントのご案内採用情報地域医療連携
ホーム  >  看護部 −各診療科・各部門の紹介−

看護部

盛岡病院看護師の使命

専門職としての力を発揮し、地域の人々が病気や障害と向き合いながら最期まで自分らしく生きる事を支援する


盛岡病院看護部の基本方針

    1.一人ひとりを大切にし、患者さんの持てる力を引き出し、その力を十分に発揮できる看護を提供します
    2.患者さんから安心・信頼される責任のある看護を提供します
    3.理念を達成するための人材を育成します

看護師のあるべき姿

倫理的思考のもと専門性を発揮し、協働で地域の人々を支援する看護師

  • ・倫理的思考のもと最大の力を投入し、看護を探求する
  • ・専門職として生涯自己研鑽に努める
  • ・チーム協働で責任を果たす

教育の考え方

盛岡病院の理念である「生命を尊重し、地域の人々に安心・信頼される医療」を提供するため、盛岡病院の看護師のあるべき姿である「倫理的思考のもと専門性を発揮し、協働で地域の人々を支援する看護師」の育成を目指す


教育体制

1.盛岡病院看護部の基本方針

      1.一人ひとりを大切にし、患者さんの持てる力を引き出しその力を十分に発揮できる看護を提供します
      2.患者さんから安心・信頼される責任ある看護を提供します
      3.理念を達成するための人材を育成します

2.教育の基本方針

      1)専門職としての責務を自覚し、常に学び探求できる人材に育成する
      2)人間を科学的に理解し、常に対象に関心をよせる人材に育成する
      3)看護師としての使命を自覚し、心身共に健康な状態で社会的役割を果たせる人材に育成する

3.看護部教育体系

4.新人看護師教育体制


看護部病棟紹介

4階西病棟

【生活の質向上をめざし積極的チーム医療を提供しています。】
結核病棟・障害者病棟のユニット化病棟です。結核病床の感染対策は万全で一般病床との流通はありません。結核は、保健所と良好な連携を持ち退院後の服薬指導など治療継続に力を入れています。
障害者病棟では患者さんに安心・安楽に療養生活を送っていただけるよう「笑顔」をモットーに医師・看護師・リハビリ・ソーシャルワーカーなどが力を合わせてチーム医療を推進しています。

4階東病棟

【患者さんの持てる力を活かし、その人に合った快適な療養生活を提供します。】
運動麻痺1種1・2級の身体障害の方や神経難病の患者さんが入院している障害者病棟です。リハビリと連携を持ち、疾病により麻痺や運動障害のある患者さんのADL(日常動作)拡大のためリハビリに励んでいます。
私たちは、常に患者さんのQQL(生活の質)を整え、患者さんの持てる力を最大限に伸ばせるよう支援しています。

3階西病棟

【患者さんの早期社会復帰を目指し、チーム医療で支援しています。】
入床後60日以内に在宅等への退院に向けた地域包括ケア病棟です。専従理学療法士・専任ソーシャルワーカーと30名の看護スタッフ(看護師20名・看護助手10名)が健やかな日常生活が送れるようリハビリに力を入れ、ADL(日常動作)の維持・拡大を目指し、身体の回復を支援します。
また、地域における社会資源を活用し、きめ細やかな退院調整を行い、患者さんが安心して社会復帰できるよう、丁寧な対応を心掛けています。

3階東病棟

【急性期の患者さんへ、専門的な医療・看護を行っています。】
整形外科と内科(呼吸器科、・一般内科・リウマチ科・消化器内科など)の病棟です。整形外科は脊椎疾患を中心とした周手術期治療を、内科は慢性疾患の方の急性病変に専門性の高い医療・看護を提供しています。入院治療が必要な方の迅速は受け入れを行うと共に、健やかな生活が送れるよう退院に向けた調整も行っています。
医師を始め看護師、理学療法士等と定期的なカンファレンスを行い、より良いチーム医療をし推進しています。



外来・手術

医療スタッフが協働して信頼される良質な医療を提供します。
良質な医療の提供には各セクションがそれぞれの力を最大限に発揮する事が欠かせません。
そのため私たちは情報共有を徹底して行います。
スタッフ同士の信頼があってこそ良質な医療の提供が出来るのです。

外来

【地域の皆さまに信頼される病院の窓口を目指します。】
幅広い患者さんのニーズにお応えできるよう各科連携を持ち、患者さんの目線に合わせた安心できる医療の提供を目指しています。また、内科系・整形外科に加えリウマチや化学物質過敏症外来、禁煙外来なども行っています。
救急搬送の受け入れは、各科医療チームが速やかに対応しています。人間ドックや健康診断後の再検査などもご相談ください。


手術室・中央材料室

【安心・安全・確実・先進医療が合言葉です。】
整形外科の専門医を中心に麻酔科医・看護師の手術チームは、常に研鑽を積み安全で確実、且つ先進の手術治療を行っています。主に脊椎疾患や関節疾患などの手術を行っていますが、手術前訪問の際には、不安なこと分からないことがおありでしたらなんでもお気軽にご相談下さい。



医療安全管理

患者さんはもちろん職員を含めた全ての人々の安全を守るため、日々組織横断的に活動しています。


予想外の事象が発生したときには、患者さんに影響がない場合でも、レポートにまとめ、発生状況や要因分析を行い、すべての職員の間で情報や再発防止のための対策を共有しています。また、他病院で起きた事故事例に学び、院内LANを活用し情報の共有を図っています。

医療安全教育として、毎月1回トピックスをまじえて研修会を行っています。新人教員の医療安全教育は、時期をみながらタイムリーに短時間で回数を重ねることで効果を上げています。

医療安全の基本は良好なコミュニケーションと、思い込みなどによるヒューマンエラーを無くすことです。患者さんの取り違いを防止するためのリストバンドでの確認や声だし確認などが実践されているかの評価や指導を毎日のラウンドで行っています。

院内感染対策

ICTや看護部のリンクナース会の活動を通して院内の感染管理を行っています。


平成25年からは施設基準感染管理対策加算2の施設として、感染管理対策加算1の施設である県立中央病院他全5施設での定期的な合同カンファレンスに参加しています。その中で外部の評価・指導を受けるため、職員の感染対策に関する意識が向上し、各部署が感染管理の視点で整理整頓されてきました。

また、院内ICTの巡視を週1回金曜日の午前に2班に分かれて実施しており、具体的な他者評価を受けることにより感染管理上の実績が上がっています。

各診療科・各部門紹介ページへ戻る